• トップ
  • 新着情報
  • 感覚入力の質の向上と動作による脳へのダイレクトアプローチ

感覚入力の質の向上と動作による脳へのダイレクトアプローチ

2017/07/05

先日、コンディショニングトレーナーの村越TRと長島TRでA-yoga合宿に参加してきました。
今回のテーマーは「感覚入力と質の向上と動作による脳へダイレクトアプローチ」です。

yogaでポーズを取ることに意識するのではなく、筋トレで正しいフォームで鍛えるだけでなく、動きで脳にダイレクトに刺激を入れることが身体の変化が一番起きる。

脳にダイレクトに刺激を入れるには7つの感覚システムをフルに使うことが大切です。
7つの感覚とは
①視覚
②味覚
③聴覚
④嗅覚
⑤触覚
⑥平衡感覚
⑦深部感覚

そして、12対の脳神経を刺激することで7つの感覚を使うことができます。
①嗅神経
②視神経
③動眼神経
④滑車神経
⑤三叉神経
⑥外転神経
⑦顔面神経
⑧内耳神経
⑨舌咽神経
⑩迷走神経
⑪副神経
⑫舌下神経

例えば、yogaのポーズを取りながら眼球運動をすると滑車神経に刺激が行き、視覚という感覚システムが使える、、、音を感じて動くと内耳神経に刺激が行き、平衡感覚という感覚システムが使える、、

感覚システムをフルに使って身体の変化を感じて見ませんか。
fine-bコンディショニングスタジオでは、yogaやパーソナルトレーニングで身体を鍛えるだけでなく感覚力をあげるアプローチもします。

是非、一度体験をして身体の変化を感じてください。
 

  • 適した運動がわからない…
  • 肩・腰などの障害で悩んでいる…

など、実施している運動の事や、
お体の事などプロトレーナーが
無料でカウンセリングします。
会員様以外でも可能です。

予約はこちら

サイトメニュー

施設提携店舗

バナー
バナー
バナー

業務提携

バナー
バナー
バナー

メインパートナーシップ

バナー